The child wants Infertility

生理中の不妊治療はつらい

不妊治療において男性は精液検査で運動率・奇形率・濃度を調べる程度ですぐに終わりますが、女性は血液検査、超音波検査、子宮卵管造影などを行います。血液検査では高温期・低温期のホルモン数値を測るため、月経周期を考えながら計画的に検査を行わなければなりません。
超音波検査では卵胞を観察したり卵胞径を計測します。これでいつ排卵するかがわかるので、排卵前は必ず診察されます。子宮卵管造影は子宮の形や卵管がきちんと通っているかを調べる検査です。
生理終了から排卵までの間に行います。造影剤を子宮の中に流すので多少痛みを伴いますが、その後の妊娠率が上がるとも言われています。その他排卵期に行う頸管粘液検査・フーナーテストがあります。頸管粘液検査で粘液量や糸を引く長さ(この数値が正常であれば、射精された精子が自力で泳いで子宮内に入りやすくなります)などを調べ、フーナーテストでは射精された精子が子宮内で元気に泳いでいるかを調べます。
フーナーテストは性交後数時間以内に検査をしなければなりません。又高温期には子宮内膜厚測定があり、受精卵のベッドがふかふかであるかを確かめる検査を行います。そして生理中には月経血培養検査を行います。血液中に結核菌がないかを調べる検査ですが、生理中にはつらい検査かもしれません。これだけの検査を行うのに実に3か月から半年を要します。

不妊の原因は男性にも女性にもある

これほどに夫婦が願っていることなのに子供ができない、いったいどうしてなのだろうかという気持ちになってしまうものですが、不妊の原因というのは様々であり、実際のところ良く分からな…

MORE

排卵障害で不妊治療を行う

私は一人目は自然妊娠で授かり、二人目もそのつもりでいて、自分が不妊症になるとは思ってもみませんでした。しかし二人目を授かりたいと計画をして避妊を止めてからも、しばらく授かるこ…

MORE

生理中の不妊治療はつらい

不妊治療において男性は精液検査で運動率・奇形率・濃度を調べる程度ですぐに終わりますが、女性は血液検査、超音波検査、子宮卵管造影などを行います。血液検査では高温期・低温期のホル…

MORE

不妊治療について

不妊という言葉を見かける回数がここ数年で一気に増えました。原因はさまざまです。女性の出世による晩婚化や、環境による精子や卵子の質の変化など、他にも原因は多々あります。…

MORE

UPDATE CONTENTS


TOP

Copyright © 2016 六本木では不妊治療を専門とした医療クリニックが増え始めている All Rights Reserved.